児童図書館研究会とは…

児童図書館研究会は、1953年より、児童図書館に関わる研究を行い、子どもの読書環境の充実発展をはかることを目的に活動しています。図書館員、文庫関係者等、子どもの文化、子どもの本、子どもを知ろうという会員で構成されています。
機関誌「こどもの図書館」発行 子どもを取り巻く問題や子どもの本など、盛りだくさんの内容を毎月お届けしています。主な内容はこちらへ。
全国学習会 年1回、子どもの本や児童サービスを考える全国学習会を行っています。
ミニ学習会、実務講座など 時事問題をとらえたシンポジウム、講演会や実務にすぐに役立つ実務講座を行っています。
出版活動 講演録、学習会記録や、実際の仕事に役立つ資料を作成し出版しています。出版物リスト発注用紙
支部活動 地域に根ざした活動を行うために、全国に支部があります(15支部)。各支部では、毎月勉強会を行ったり、支部だよりを発行しています。また、ミニ学習会や実務講座も行っています。
規約 児童図書館研究会会則
児童図書館研究会会計規則
児童図書館研究会選挙規則
個人情報の取り扱いについて
個人情報開示請求書


トップへ

seikyusho.htmlへのリンク

kojinjohoseikyusho.htmlへのリンク

gakusshukai.htmlへのリンク

newpage3.htmlへのリンク